兼六亭アクセスマップ

兼六亭(兼六園)までの道のりをご案内します。

→兼六亭周辺マップ(GIF画像)を表示

→「兼六亭アクセスマップ(PDF)」ダウンロード

Adobe Reader ダウンロード
※PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobe® Reader™ プラグインが必要です。

お車で

関東・東北・富山方面から

北陸自動車道の金沢森本インターを降りて山側環状道路経由、兼六園まで約10分です。以前は金沢東インターをご利用いただいておりましたが、2006年に森本インターが完成し、兼六園までの所要時間が若干短縮されました。

関西・福井方面から

北陸自動車道の金沢西インターを降りて兼六園まで約20分です。

東海・岐阜方面から

東海・北陸自動車道から小矢部ジャンクションで北陸自動車道に入り、金沢森本インターで降りて、兼六園まで約10分です。

能登(和倉・輪島)方面から

能登有料道路の白尾インターで降りて山側環状道路経由、白尾から兼六園まで約30分です。能登有料道路の最終地点「内灘」まで行くと時間がかかりますので、白尾インターで降りることをおすすめします。

飛行機で

現在小松空港には、東京(羽田)、成田、札幌(新千歳)、仙台、静岡、福岡、那覇の各空港から国内定期便が運行されています。また小松空港からは金沢駅行の連絡バス(北鉄バス)をご利用下さい。兼六園にお越しの場合は、市内経由便をご利用いただき、途中「香林坊(こうりんぼう)」下車、徒歩約10分で兼六園です。

また県内にはもう一つの空港「能登空港」がございます。現在定期便は東京(羽田)便のみが運行されております。能登も観光される場合はご利用下さい。

電車で

関東方面から

東京からは、北陸新幹線をご利用ください。速達型の「かがやき」は最速で東京ー金沢間を2時間28分で結んでいます。

関西方面から

JR大阪駅から特急サンダーバード・雷鳥をご利用下さい(約2時間40分)。

東海方面から

JR名古屋駅から特急しらさぎで1本です(約2時間50分)。名古屋からは、新幹線で京都または米原乗り換え、サンダーバード利用というルートもあります。

▲このページのトップへ